Type-C用のドックをちょっと入手

iPad Proの環境向上も兼ねて、Type-C用のドック的なものを購入してみました。ちょこっとしか利用していませんが、結構便利ぽっかたので、ファーストインプレッション…やっちゃいましょ。

カードリーダーにもなっちゃう!

主な機能としては、HDMI出力、USB Type-A接続、イヤフォンジャック、SDカードリーダー、microSDカードリーダー、PDの6機能が搭載された商品でした。カードリーダ機能については、iPadを使っていた時に、デジカメを接続するUSBコネクタを導入した際に、「利用できるカードリーダー」を割と必死に探していた事があったので、そこからすると、簡単に接続・認識してくれるっていうのは、嫉妬すら覚える機能ですねw
Type-あの接続は、USBマウスとかも認識してくれるので、いつも使っているマウスをそのまま利用する事ができますね。汎用的なマウスであれば、有線でもワイヤレスでも問題なく利用する事ができます。当然のことながら、外付けキーボードなんかも利用する事ができる…はずです。…だって、私は、スマートキーボードを既に利用しているので、検証する必要が…ねぇ?
同様の理由で、イヤフォンジャックも使わないと思います、音声を聞きながら利用する必要がある場合は、AirPodsあたりを接続すると思いますし。
HDMI機能については、優先的に使うことはないかなぁ…と。長めのHDMIケーブルとかを入手したら、利用することもあるかもしれません!…まぁ、予備的なイメージが強いですね。
PDは充電機能なので、当然使います。…とはいえ、ドックを常に接続しているわけではないので、自宅作業でリッチな操作(SDカード利用とかUSBメモリ利用とか)が発生している時の充電ケーブルの接続先として利用する可能性が非常に高いですね。

結局必要なん?

私の使い方では、積極的に購入する必要は、(いまのところ)ありません。
今回は、少し安めに濃運輸できるタイミングがあったりしたので、手を出しましたが、そういう事がない限りは、購入を急ぐようなこともしていなかったと思いますね…はい。
ただ、手持のトラックボールマウスで操作する事ができるというのは、今後の扱いに少しだけプラスになった感じがします。…やっぱりマウスでの操作って、「それなりに」場所のことを考慮しなければいけませんからね。20年近くプライベートではトラックボーラーだったこともあって、こっちの方が落ち着きますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA