ほんとにあったHな話 34~ウリふたつの姉妹の妹と間違えてヤっちゃった話~


タイトル: ほんとにあったHな話 34
出演者: 枢木みかん
カテゴリー: 熟女/人妻 美脚 美尻 美乳 バイブ フェラ 中出し 巨乳 69 クンニ 生ハメ・生姦

同じ感想を持っている人もいるかもしれませんが、
姉妹取り違えてやっちゃったていうけど、
もうちょっとキャピキャピしたものをだね…云々。

同棲云々の下りについても、もうちょっとキャピキャピ…ね?
「20代くらいの双子姉妹を間違えちゃった!」なら興奮もちょっと違うけど、
一歩間違えれば、「うちのじゃない妻どうでしょう?」状態なので、
その辺はすこ~しマイナス評価かなぁ…。

あと、こういう、「睡眠姦モノ」って、ここまで起きないか?
っていうほど、反応があれ何で、正直なところ…ね。

さてさて、いざプレイ開始というところで、
漏れ出す声については良いです、これは大好物w
ローターにバイブと出し入れでヨガる声と姿もまた良しです。

おもちゃ遊びは、バイブに電マパイセンと二刀流にて激しい攻めに移行。
こういうおもちゃは同棲の必須品ですか?…さすがにないよなぁw

場面はベッドに変わって、再び「睡眠中」。
下からの映り具合が「どんだけ~」で有名なあの方に見えたりしてしまった…。
「お前も、ローアングルにしてやろうかっ!」

で、いじっても起きない場合、チ〇コ出して乳首に押し当てるのが、
同棲の習わしなのか、分かりました。
さらには、口に押し当てるとか…。
仮にがっつりと寝ている人の口をこじ開けて押し込んだら、
噛みつかれても文句言われないんじゃないの?…寝ぼけて噛みつかれそう…。
あと、何度も言うけど、これで起きないって結構ヤバタニエン?

そして、当然、場面展開時点でお気づきと思いますが、
この時点で「レイプ」しちゃっているのは妹のほうです…アカン!

前半のおもちゃラッシュと比べると、肉体言語での戦いが中心で、
覚醒する30分くらいからが見どころさんになっていますね。
フェラの仕方は超絶エロイのでお見逃しなく!
稀に見る、「ドエロフェラ」といっても過言ではないでしょう。
手を使わずに行われる、咥え込みつつも舐めまくる高速フェラはすごいっす。
最初の「なにしてるの?」と言わんばかりに表情がうそのよう!w

さらに続く、69に移行してからの超絶フェラテクニック。
磨かれたこの技は…ずっと見ていられる…。
あれだよ、このフェラに対抗できるクンニの舌速度は、
イジリー岡田大先生を超えないとダメだって。
カメラ、チ〇コに移った時の、涎の量を見てみなさい…男のほうは口乾いているの?ってレベル。
そりゃね、そのレベルで舐められても気持ちよくないから、
逆レイプよろしく騎乗位に移行してガンガン攻めちゃうようね~w

相手はドエロイ痴女だから、男側のテクニックは気にせず、
「逝かない、固い棒」を提供するだけでいいんですね、それだけでいいっす。
入れ方の調整は女性側でやってくれるんで、固い棒を差し込んで前後運動だけしてくださいw
…まぁ、固さを維持するのが難しいんですけどね(連敗者)。

で、ところどころで「今日はどうした?」を繰り返し続けるんだけど、
「気づいていませんアピール」が過ぎる気がするんですよね。
まぁ、エロイんでその辺は目をつぶっておきましょう。
痴女さんは、正常位でのイン時でも、積極性を忘れません。
ただただ寝るではなく、腰を浮かせて積極的にゴンゴン攻めます。
うん、やっぱりこの作品には、男優側の積極性は蛇足なんで、
固い棒を提供する、肉バイブと化すことを提案したいです。
攻めようとする姿勢はかる~くから回ることになりますし。

そして、最後は約束された「正常位、中出しフィニッシュ」からのお掃除フェラ。
いやね、このフェラ技術は月並みの感想しか言えてないけど、すごいっす。

さて、中出し迄ばっちりしちゃった後に、「違う」ことに気づいた男…。
なんかあれだね、完全に浮気現場の間男状態w
最後のセリフは…まぁ、ある種のホラーということで!w

この動画を見た人はこんな動画も見ています


小早川怜子

米倉のあ

中島京子

星咲ひな …

真菜果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。